【共同出版】最低限知っておきたいこと【詐欺かも】

【共同出版】最低限知っておきたいこと【詐欺かも】

こんにちは!ナラコです。

Instagramブログを見てくださった出版社の方からこんなご連絡が。

〇〇様(私の本名)のご略歴を拝見いたしました。
先生のご経験やお知恵、哲学を書籍として出版することで、
多くの方に知っていただく機会になるのではと考え、
不躾ながらご連絡をいたしました。弊社ではその中でも質の高い原稿を世に出すために、
共同出版」という形式で、お手伝いをいたしております。
制作等の費用を申し受けるのですが、
販売収益は全額著者様にお戻しいたします。もしご興味いただけましたら、
弊社の出版形態についてご説明さしあげたく考えております。

出版!?」「本を出す!?」

子供の頃から本は大好きで、
学生になってからは特に
『自己啓発』『専門書』『ビジネス書』のジャンルで
とってもお世話になりました!

きっと今の私の人間形成の大いなる部分を
『たくさんの本』が担ってくれたとも思っています。

私も本を通じて、誰かの一部になれたら・・・

そんな嬉しいことはないなとも思いました。

ただ…ちょっと待てい!
なんだか気になる点がいくつか…

制作等の費用を申し受けるのですが…」

えっと…要は、
自分で費用を負担する部分があるってことですね?

そりゃそうか。

「本を印刷」したり
「企画立案」を手伝ってもらったり
なんだかんだサポートしてもらうよね。ふむふむ。

と思って、前向きに調べてみてわかった、
『良い点』『悪い点』全部まとめて書いておきます。
簡単に理解できるように端的にまとめておきます!)

皆様が詐欺にあわれませんように…。

共同出版とは?

  • 出版社と著者が協力して『本を出す』こと
  • 制作費は双方で負担する

共同出版のメリット

  • 自分で出すより安く出版できるかも
  • 自分で売らなくても『出版社が持つ販売ルート』が利用できる

共同出版のデメリット

  • 制作費が自費出版より高くなるケースもある
  • 著作権は出版社所有

【共同出版を使った詐欺】こんな出版社には気をつけて!

制作費などの出版にかかる費用』で
儲けようとする出版社がある!

実際には書店で本は売られることはなく
制作費徴収のみ詐欺のような出版社も!
Amazonなどオンライン書店で
その出版社がどれだけ本を出しているか調べましょう!

私の結論:出版やめた

今回の私の結論としましては、
『今回は出版しない』ことにしました。

とはいえ、お声がけくださった出版社は
Amazonなどで多数出版している実績もお持ちで
全く詐欺ではありませんでした!

チェレンジしたい気持ちも山々。
ただ、自信がありませんでした。

理由は…
本を書くって簡単じゃないことだと思っていますし、
何より自分自身がそうだったように
「本は人に大きな影響を与える」ものだと思っているので
安易に始めることではないと思いました。

本当に『自信を持って書きたいことが書ける』
そんな気持ちになれた時に
ぜひチャレンジできればと思います。

さいごに

ここに書いた『共同出版について』は、
あくまで私が個人的に調べ、記載したものなので
誤りもあるかもしれません。

万が一、掲載内容に間違いがあればご指摘くださいm(_ _)m
また「こんな事も知っておいたほうが良いよ」ってこともあれば、ぜひ!

(お問い合わせは各種SNSのDMからお願いいたします)

この記事がもしご参考になりましたら
SNSでシェアしていただけますととても嬉しいです♡

ではまた(^^)

備忘録カテゴリの最新記事